ブログ移転のお知らせ(改)

ブログを移転します。 ↓新しいブログはこちら↓ 鉄道メインの旅行記 今のところ引っ越し作業中で、ほぼ同じ内容ですが思い出しついでにみていって下さい。 引っ越しはいったん中断して新作を書いています。是非どうぞ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行記目次(北海道旅行・和歌山旅行など長くなったものを方面別に分けています)

一つの旅行記でいろいろなところに行った回があるので旅行の目次を作ります。 全部は見る余裕がないけど、一部興味ある区間を見たいって人は こちらから飛ぶとわかりやすいかなと思います 北海道・和歌山以外は現状大して長くないものなので分けていませんので右側のブログテーマからお選びください 鉄道旅行に興味がある人はあわせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相当お久しぶりです!(2018西日本豪雨募金のお願いについて)

タイトルにもある通りですが 現在私の故郷である山口県、また大学時代を過ごした第二の故郷である岡山県が豪雨災害にあいました。 広島、岡山が主に被害を受けています。また愛媛県も被害がでています。 鉄道面でも被害は多数の路線に渡っています。復旧が急がれます。 久しぶりのブログですが、募金のお願いをさせていただきたいと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀伊半島一周旅行(あとがき)

あとがき…というべきかその後というべきか。 この旅行で乗りに行っていた名松線は家城・伊勢奥津駅間は代行バスで 閑散区間+大がかりな治水・治山工事を必要とするため復旧困難かと思われていましたが 自治体の工事などを経て 今年ついに復旧します! 関西本線の乗り残し(亀山-名古屋間)と合わせて、いつか乗りに行きたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津山・美作の旅(まえがき)

更新できそうなのはまだまだ先なのですが 津山まなびの鉄道館というものができるとニュースで聞いて 津山・美作の旅についてフライングで前書きとして書こうかなと思います。 というのも、津山・美作の旅では2010年5月に津山の扇形車庫を訪れているのですが それが2016年4月にリニューアルして津山まなびの鉄道館として開業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その50】(網走監獄その5)

とうとう北海道旅行もその50まで到達しました。 書くのにもう1年半近くかかっちゃっていますが(休止期間のほうが長いんですけどね…) これからも気長に見ていただければなと思います。 たぶんその100まではいかないと思いますので(笑) さて網走監獄もこれでおしまいです。 今回は五寸釘寅吉の伝説からです 脱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その49】(網走監獄その4)

引き続き網走監獄です。 実際割とアップしてない写真とかもあるんですが それでもこんなに量があります。 ということでまずは鬼ハロー なんだか女子高生とか言ってそうですよね、コレマぢ鬼ハローぢゃない?! みたいな。 ええ、意味は分かりませんが。 なんだかすごい名前ですが用途は地味で 水田の地な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その48】(網走監獄その3)

網走監獄は見るところが多くまだ続きます。 味噌や醤油を作っていた蔵がありました 作り方や歴史が書いてあります。 一概に受刑者といっても様々な作業をしていたことがうかがえます。 これは醤油づくりの樽ですね。 すごい大きさです。昔からよくこんな大きなものが作れたなと感心しますね。 なかなかに見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その47】(網走監獄その2)

さて、今回も網走監獄の見学の続きをやります。 こちらは裏門だそうです! こちらも小さいながら立派な煉瓦門です こちらは水門の復元だそうです こちらは北方民族の守り神ニポポ 本州で言うダイダラボッチみたいなもん??(西日本民だからそっちも見たことないけど) いや、なんで本州でたとえたんでしょうね …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その46】(網走監獄その1)

さて、朝起きましたが天気はイマイチでした。 今日は朝一番のバスで 網走といえば!ここですね! 「網走監獄博物館」へ向かいます。 もちろん観光地化されている旧網走監獄の方ですよ!本物に入るようなことはしていません(笑) しかし、網走監獄へ直通で行くバスはあんまり早い時間にありません! なので、そのバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄道旅行の時の便利グッズやお得切符や便利サイト紹介

初めて旅行をする人や鉄道旅行をする人に便利なグッズ・サイト等を紹介しようと思います。 まぁ自分の備忘録も兼ねてですが…。 まずは切符ですが 旅行に青春18切符は欠かせないでしょう。 青春18きっぷについては使い方が独特で、時期も春・夏・冬にそれぞれ発売されていますが 発売されていない期間があるということなので要注意。 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

北海道旅行【その45】(根室-釧網本線経由-網走)

さて、前回は根室でデジカメを落としてしまったということまで書きました。 バス会社では見つかったので、データがすべてなくなるという最悪の事態は防ぎました。 とりあえず良かったということで落ち込まずに行きましょう。 ちなみにそれ以降の旅行ではネックストラップを付けて落とさないようにしています。 純正じゃなく100均を付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その44】(納沙布岬その4)

さて、前回はキリ悪く終わりましたが 今回で納沙布岬観光は終了となります。 が実は今回は大事件が起きます と、不穏な始まりは置いておいて、前回までで納沙布岬の外は見終わりました。 今回は北方館・望郷の家を見に行きます。 案内板には謎のラッコ 建物の入り口から北方領土は日本の領土とでかでかと書かれてます …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その43】(納沙布岬その3)

数か月間が空いてしまいましたが 時間が取れそうなのでぼちぼち更新していきたいと思います。 しかし、まず先に一つ書かせてもらいたいなと思うのは JR北海道は次のダイヤ改正で普通列車の減便が相次ぐようです。 私のしてきたような旅行も難しくなっていくのかな…と思いますね。 この旅行中宿泊したとうろの宿の方には …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その42】(納沙布岬その2)

さて、前回に引き続き納沙布岬周辺を散策します。 次に見えてきたのは鐘です! こちらはきぼうの鐘というそうです。 これも北方領土の返還を願うモニュメントです。 説明文はかなり色あせています。古くからあるモニュメントなのかもしれませんね。 天気が素晴らしく良ければある程度見えたりもするらしい北方領土… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その41】(納沙布岬その1)

さて、前回は根室本線(花咲線)根室駅まで到達しました。 北海道の東の端です! さて、ここからは根室交通バスに乗り換えて納沙布岬に向かいます。 根室交通バスは素晴らしいです!JRときっちり接続しているので待ち時間ほぼなしで納沙布岬観光へ向かえます。 さて、根室駅から納沙布岬へのマップを載せておきます さて、納…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その40】(花咲線車窓その3)

さて、今回も花咲線を東に向かっていきます。 こちらは初田牛駅 根室が近づいてくるとこのように背丈の低い草が増えてきました えりも岬近辺もこのようなところが多くありました。 根室から半島状に納沙布岬まで伸びていますから 大きい岬の付近は風が強いから大きい木が育ちにくいのかな? 半島の先端が見えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その39】(花咲線車窓その2)

さて、今回は根室本線(花咲線)の厚岸から先です。 今回は僕がすごく好きだった景色が登場します。 動画で取っているので是非見てください! ですが、まずは車窓から ここまでは海沿いのような景色です。 しかし、ここから動画を取ったのですが景色がゆっくり変わっていきます! 本州ではなかなか見ない光景だと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その38】(花咲線車窓その1)

さて、塘路駅を出て取りあえずは釧路駅に戻っていきます。 こちらは東釧路の駅舎。 奥には大きなスーパーがあって意外と便利そうな立地でした。 その後は根室本線の花咲線区間に無事乗りかえ、今日こそは根室へ向かいます! こちらが花咲線の地図です。 さて、ところで北海道旅行【その26】(日高本線車窓その3)で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その37】(塘路駅周辺散策)

前回はとうろの宿に泊まったところまででした。 とうろの宿で朝を迎えます。 小高いところにあるため景色はよさそうなのですが… 釧路は霧がでやすいところなので朝はすごく霧がかかっています なんだかずいぶん低空な霧です。山頂は見えています ということでお世話になったとうろの宿の外観 ドーム型になっていて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more