門司港日帰り旅行【その3】(門司港レトロ観光列車潮風号)

前回はめかり公園を見終わったところですね まずは門司港に戻りましょう。 ということでめかりがわのトロッコ乗り場へ。 機関車が保存してありますがやたらメタリックです。 正式名称は関門海峡めかり駅 こちらは跳ね橋です こう上がっていって 船が通ります 通り終わったのにまだま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門司港日帰り旅行【その2】(門司港レトロ観光列車潮風号)

ということで今回も門司港です。 このころに作られた路線といえば、そう! やまぎんレトロラインです。 ここ、トロッコなんです。車両名は潮風号といいます。 運行は平成筑豊鉄道がやっています。正式名称は門司港レトロ観光線だそうです。 福岡だけどスポンサーは山口銀行。 トロッコ往復とバスに1回乗れて600円。結構良心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門司港日帰り旅行【その1】(九州鉄道記念館・門司港駅)

今回は2009年夏の門司港日帰り旅行です。 下関(唐戸港)から、船で関門海峡を渡って門司港にわたりました。 ちなみにこの手を使ったりまたは関門トンネル人道を使うせいで いまだに鹿児島本線門司-門司港間を乗りつぶしてません。 今度は鉄道で行こうかな… まぁJR九州はそれ以前にいろんなところをまだ乗ってませんが。豊肥本線とか全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都叡電・京阪石山坂本線【その2】

今回は、前回宿を取った枚方からのスタートとなります。 とはいえ京阪本線は人が多かったため 写真は撮ってないのですが。 ということで、今回の主な目的地、石山坂本線に行きます。 まずは浜大津まで京阪で出ます。 ここは、京阪京津線といい 京都地下鉄と直通運転をしています。 そして浜大津駅につくと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都叡電・京阪石山坂本線【その1】

今回は、2011年の秋に京都旅行に行った時の旅行記です。 今回は主に、まず叡電。もう一つは京阪石山坂本線に乗りに行ってます。 こちらが今回の地図。 まずは清水寺! 実は京都4回目にして初の清水寺です。 ひきの構図で全体像を見るのもいいですね。 ついに見てみたかった清水を見ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉備線沿線自転車旅行part2(最上稲荷・総社)+岡山臨港線廃線跡探訪

タイトルが相当長くなってますね… 今回はpart2ですが実はそこまで長くないです。 ですが、1本にするには短い+内容不足の岡山臨港鉄道自転車旅行があるので そちらもおまけで書こうと思います。 ということで、まずは吉備線自転車旅の続き 備中高松城を出た後は、最上稲荷神社へ向かいました。 この旅のク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉備線沿線自転車旅行part1(吉備津神社・備中高松城)

大学時代の無茶した記録です。 2009年GW GW中に実家に帰らなかったらあまりにも暇だったため 吉備線沿線を自転車で 吉備線と並行して走ってきました。 まずはじめに、家から吉備津駅に向かいました。岡山駅と法界院駅の間ぐらいに当時の家があったのですが そこから1時間程度で吉備津駅に到着。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都・嵯峨嵐山・宇治旅行Part2

今回は京都市内から嵯峨嵐山方面へ向かいます。 山陰線は人が多いので写真なし。 トロッコ嵯峨駅へ到着! ということは? これに乗ります! ・・・JR嵯峨駅の方で撮ってます。ので手前の障害物のせいでイマイチな絵面に。 トロッコ嵯峨駅の中は人も多くてとってられなかった と思います。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都嵯峨嵐山・宇治旅行part1

デジカメもって一番最初の旅行をUPし忘れてました 京都・嵯峨嵐山と宇治方面への旅行です! 今回、目的地近辺は 宇治です。 京都駅からJR奈良線に乗り込みます。 今回の移動地図 デジカメを持ったばっかりで写真が今まで以上に下手くそばっかりですが…どうぞ。 というわけでいきなりマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井原線・矢掛大名行列の旅part2

大名行列は矢掛の地域の一大イベントです。 かなりの人数が 大名行列をする街道沿いに集まります 出店とかもあってすっかりお祭りムードです まずは鉄砲隊の実演が始まります 弾を込めて 準備ヨーシ! 発射! そしてここからが本番の大名行列! 人がかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井原線・矢掛大名行列の旅part1

今回はまた一気に戻って2009年、11月です。 井原鉄道に、矢掛の大名行列を見に日帰り旅行をしに行きました。 井原鉄道とは、岡山県の真ん中あたりである 総社市のJR伯備線および吉備線の総社駅から井原駅を通りJR福塩線神辺駅へと抜ける路線です。 ちなみに路線名にもなっている井原の場所はこちら 岡山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和歌山(南海)・名古屋旅行-2

ということで、今回は車移動で 和歌山から名古屋に向かいます。 高速代節約のため、阪和道、名神を使わずに 和歌山線沿いを橋本経由で天理まで抜けて 天理から名阪国道を抜けていきます。 途中、京奈和自動車道がだいぶできてきているようです。 高規格道路で、現在は全通してないからか無料でした。 交通量もそこそこありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和歌山(南海)・名古屋旅行-1

今回は一気に日付が飛びますが ネタがまだぎりぎり生きてるうちに… ということで2014年5月の旅行です。 大阪・名古屋旅行です。まぁ友人と遊んだ時間も多いので旅行といえるか怪しいものですが。 とりあえず、夜行バスで早朝に大阪入り。 早すぎる到着なので大阪で南海を撮って遊ぶ計画です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸旅行3日目(兼六園)

最終日、ほんとのラストです。 ということで金沢へ。 バス乗り場に行くと、100円バスが試験運行中ということなのでそれに乗ってみました。 うん、観光地だけに人が多い! 試験運行中だけどこれだけ乗ってたら絶対もうかるはず! てことで今やってるか調べたらまだ試験運行中でした! 何年間試験運行なんだ!! 日本三名園の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸旅行3日目(城端線・氷見線・雨晴海岸)

さて、今回は最終日 高岡→城端(じょうはな)→高岡→氷見→高岡→金沢→岡山へ帰宅 となります。 路線で言うと城端線→氷見線→北陸本線→湖西線→東海道山陽線、ですね 城端線と氷見線はどちらも高岡駅から分岐している路線です。 この2線をうまく乗るために始発に乗りたかったので 高岡に泊まりました。 城端に向かうまでは真っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸旅行2日目(富山ライトレール・ブラックラーメン)

続いては 宇奈月(富山県東部)→電鉄黒部→富山(富山県中部)→岩瀬浜→富山→高岡(富山県西部) です。 路線で言うと富山地鉄本線→北陸本線→富山ライトレール→北陸本線です。 ちなみに、まだ富山市内の環状線ができてない時期です。 宇奈月温泉駅から電鉄黒部駅へと戻り、黒部駅16時45分発で富山駅に17時15分に到着。…富山戻って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸旅行記:2日目-2(黒部峡谷散策・黒部峡谷鉄道復路)

2日目は前後編にするつもりでしたが写真が多いのでさらに分けます。 ということで今回は引き続き黒部峡谷鉄道です。 移動は、欅平→宇奈月 両方の周辺観光です まずは体が冷えたので足湯を目指すことにしました。 足湯は駅から下って行ったところの河原展望台にあります。 行ってみると、湯の花の浮いている硫黄泉でした。 入ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸旅行記:2日目(黒部峡谷鉄道往路・富山地方鉄道)

明らかに2日目が長いので、3つに分けようと思います。 今回の移動は 富山→(富山東部)宇奈月→欅平 路線でいうとJR北陸本線→富山地鉄宇奈月線→黒部峡谷鉄道 です。 ネットカフェが駅から予想よりはるかに遠かったので4時40分に起床して、5時にはネットカフェを出ます。 早朝のこういう時間に歩くのは 起きるのはつらいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸旅行1日目(えちぜん鉄道三国芦原線・東尋坊)

2009年9月6日(日曜日)の北陸旅行の旅行記です。 この日の移動は岡山→京都(電車内)→敦賀(電車内)→福井→芦原温泉→富山です。 (路線でいうと赤穂線→山陽本線→湖西線→北陸本線→えちぜん鉄道→北陸本線→富山地鉄市内線) この日は岡山駅の始発で出ました。 なので赤穂線で播州赤穂駅へ到着。 播州赤穂駅からは山陽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三江線・山陰線島根・山口県部分を通る帰省Part2

さて後半です。14時ごろに益田に到着。 ふと思ったのですがこの時昼に何を食べたのか全く思い出せません。 すでに5年も前の出来事なので…。 帰省だから予算もなかったかもだし 途中に駅弁が買えるようなタイミングもないですが サンドイッチとかで済ませたのだろうか…? 益田駅においてあった列車 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more