北海道旅行【その36】(釧路湿原細岡展望台・とうろの宿)

さて、前回は茅沼駅まで戻ってきました。 今回は引き続き釧路方面へ戻っていきます。 とうとう日が落ちてしまいました。 夕陽の色がうつって川がオレンジに…! しかし日が暮れそうなのはピンチ・・・ じつはこのあと釧路湿原駅から遊歩道を歩いて、釧路湿原を一望できる細岡展望台に行って 釧路湿原を見下ろすつもりな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その35】(釧網本線:摩周駅と茅沼駅)

前書きになりますが… 本当にお久しぶりになってしまいました。 引っ越し、専門学校に行くようになってなかなか時間が取れませんでした。 今回少なくとも夏休みの期間は書きたいと思っています。が、実家に帰ったりもするのでそこで書けるかも不透明だったりします。 実際忘れていたレベルで書いてませんでしたが 留萌線の留萌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その34】(川湯温泉・足湯めぐり号)

さてこの前は釧網本線を塘路駅から北上し、川湯温泉駅へ。 川湯温泉の公衆浴場に入りました。 今回は川湯温泉周辺を歩いていきたいと思います。 ということでまずは川湯温泉の足湯に行きました こちらは無料で入れる足湯ですが石造りで屋根付きと本格的です! まぁさっき入ったばっかりなのでスルーしましたが。 こちらは川…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その33】(釧網本線:塘路駅-川湯温泉駅)

さて、前回は釧路湿原ノロッコ号に乗車して 塘路駅までつきました。 塘路駅は釧路湿原の北の端にあります。 このノロッコ号への乗車はバスツアーの方が多いようで ここで観光バスに戻る人がすごく多かったため 小さい駅なのにすさまじい人だかりになっています! ちなみにこの駅の中にはカフェがあるのですが 鉄道の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その32】(釧網本線・釧路湿原ノロッコ号車窓その2)

さて2回ほど最近行ったプチ旅行の話を入れましたが 今回から北海道旅行に戻ります。 前回(北海道旅行【その31】(釧網本線・釧路湿原ノロッコ号車窓その1))は釧路湿原に入ったところまででした。 今回はその続きを進んでいきます 釧路湿原の川もやはり去年夏の北海道は雨が多かったためか ものすごく水の量が多いです …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その31】(釧網本線・釧路湿原ノロッコ号車窓その1)

さて、前回(北海道旅行【その30】(釧路駅:勝手丼))は釧網本線の列車が出る5分前に 区間運休の根室本線を諦め 釧網本線に計画をスイッチしました ということで、釧路駅で待たされてるうちに隣の列車は写真を撮っていました こちらです! 釧路湿原ノロッコ号です! こちらは夏は釧網本線の釧路側を走り釧路湿原を…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

山口県内プチ旅行(秋吉台山焼き)

友人が遊びに来たので県内をプチ旅行、2日目は 最初は関門海峡を見に行く予定だったのですが 偶然にも秋吉台の山焼きの日だったので急きょ秋吉台へ向かいました。 ということで今回はもう全く持って鉄道関係ない と見せかけてわずかに有ります。 まぁあと無理やりいうなら 通ってきた国道と交差していた 美祢線の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口県内プチ旅行(長州屋台村・大河内温泉)

今回は正直ほぼ全く鉄道が関係ないですが 友人が僕の地元に遊びに来てくれたので せっかくなのでまとめようと思います。 北海道旅行はこれを2回はさんでまた続きを書きますのでそちらもよろしく。 ということでまずは友人を迎えに行くところで通った展望台からの眺め ここは下関市の旧豊浦町と旧下関市の境です。 ちょっと拡大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その30】(釧路駅:勝手丼)

さて、釧路の朝は天気は小雨。 前日とあまり変わりません。素泊まりなので朝ごはんも無いのですぐにホテルを出まして まずは釧路市場に行きました。 親と知り合いに海産物を送ろうと思ったのですが イマイチいいのがないので、今日は根室に行く予定なので予定通りそちらで買うことにします。 次に和商市場に行こうと思います。…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

北海道旅行【その29】(えりも-広尾バスターミナル-帯広駅-釧路駅)

さて、前回は襟裳岬を見に行きました そして襟裳岬のバス停から今度は帯広を目指します。 まずは広尾までバスに乗り、そこから路線バスを乗り継ぎます。 こちらが移動マップ ですがバスの経路が出なかったので取りあえず最短距離ルートを書いています。 まぁバスもおおむねこの通り…だと思います。 日勝線の予定地だっ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その28】(えりも岬:岬先端部)

前回はえりも岬にある風の館へ雨をよけるため先に行きました 今回は天候が霧雨程度にはなったので、岬を見に行こうと思います。 ということでまずは風の館から少し登ったところにあった灯台 えりも岬の歌の碑がありますけど 森進一じゃない…!島倉千代子…この曲知らねぇ! そうそう俺が知ってるのはこっち! 風極…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その27】(様似駅・えりも岬風の館)

さて、前回は日高本線を東へ向かい 終点の様似駅へ到着しました。 これからJRバスに乗り換えですが少々時間があるので駅を見ていきましょう の前に乗ってきた車両をまずは撮らないとね 様似駅に着いたらだいぶ雨はおさまってきました ここから先は線路はありません。えりも岬方面へ延伸の予定はあったようなのですが… …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その26】(日高本線車窓その3)

さて、日高本線も今回で終わり。 本桐駅をでてからものどかな風景が続きます。 ちなみに8月の20日すぎたあたりに行っているのですが 途中からの雨と東に行くにつれて山間部を抜ける時間も増えて 気温が下がってきて車内も冷えてきたので このあたりからは長袖を羽織っています。 北海道は本州で言うともう秋が訪れているよう…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その25】(日高本線車窓その2)

さて、前回は日高本線は北海道の太平洋側を進んでいって とうとう海沿いになりました。 ということで今回もその続き。 海はさらに迫ってきます 間にあるのは道路ですらないですね。 コンクリートの護岸?? 数分は海沿いを走った後に到着したのが大狩部駅 なんか…コンクリの小屋みたいなのありますけどあれが駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その24】(日高本線車窓その1)

さて、今回は日高本線の鵡川駅からです。 前回いきなり北海道らしい景色を楽しませてくれましたが今回はどうでしょうか? まずは駅名票 さて、途中大きな川を渡り始めました 「写真946」 2014年の夏は北海道は雨が多く…すごい水量だし濁ってますね。 途中で遠くに乳牛が見えたのですが…遠すぎてうまく撮れず。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その23】(日高本線苫小牧駅-鵡川駅)

さて、前回の終わりにも書きましたが 今回は僕が一番行きたかった路線 日高本線へ行きます! 日高本線のマップはこちら。 ご覧のとおり日高本線は北海道の太平洋側を走る路線です。 苫小牧-様似間を結んでいますが人口希薄地帯のため本数が多くありません。 が、そのかわり海沿いの風光明媚な景色が楽しめるようです。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その22】(函館本線ニセコ駅-札幌駅)

さて、今回はニセコ駅を出発します。 その前にニセコ駅の中を見てみようと思います。 ということでまずは駅構内に展示されていたSLの写真 小樽駅の向かい鐘をミニチュアにしたものが置いてあるようです 駅の中はホームが2つあって、ローカル線ではまぁ大きいほうかな 遠くの橋が原色黄色なのがなんかすごい。 こ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その21】(特急ワッカヌプリ・ニセコ駅)

さて、前回は特急ワッカに長万部駅から乗り込みました。 今から函館本線を北上していきます。 長万部から札幌に向かうには2つのルートがあり 今回通るルートはニセコ・小樽などを経由する山側を抜けるルートで通称山線と呼ばれています。 ちなみに室蘭・苫小牧を通るのは海線で、先ほど通ってきました。 ということで今回の移動マ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その20】(室蘭本線登別駅~長万部駅)

前回は登別駅まで戻ってきました。 さて、ここから長万部までは特急に乗るので指定券が取れることを思い出して取ろうかなと思ったら みどりの窓口の先客がどうも長く話し中。 なんだろう?とおもったら 指定券が取れなくて、どうにかとる方法がないか聞いてるだけでした。 ということは…いまから来る列車が指定席満席ってこと…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

北海道旅行【その19】(川の足湯・登別温泉さぎり湯)

前回は大正地獄を見終わって先に進みました。 ある程度は整備されている山道を進んでいくと… 着きました!大湯沼川天然足湯! 川の周辺が整備してあって、ちょうどいい深さなので足をつけることができます ということで入ってみます あっつ!!! 多分45~6度ぐらいあります。 我慢して入ってた…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more