北海道旅行【その45】(根室-釧網本線経由-網走)



さて、前回は根室でデジカメを落としてしまったということまで書きました。
バス会社では見つかったので、データがすべてなくなるという最悪の事態は防ぎました。
とりあえず良かったということで落ち込まずに行きましょう。

ちなみにそれ以降の旅行ではネックストラップを付けて落とさないようにしています。
純正じゃなく100均を付けてるのでダサいです。でも純正を買うと2000円ぐらいするんですよね。
もったいないんで買ってません(笑)

とりあえず、カメラをなくしているとも気づかずのんきに根室駅でオヤツを買っていました!
こちらの標津羊羹です!
画像

甘くておいしいです。じつは非常食に羊羹はいいそうですね!
18きっぷ旅行の予備の食べ物にいいかもしれませんね。
柔らかいのでなんか固いものにぶつかってブシャー!ってなる可能性もあるかもだから
そういうものとはしっかり分けなきゃだめですが。

今日は根室側は見事な快晴でした。北海道東部の夏にしてはホントに暑いのではないでしょうか。
なんと根室本線(花咲線)の列車の車内は30度近辺をさしています。(人が増えていたため写真はなし)

しかし北海道民暑さに弱いはずなのに、だれも窓を開けないんですね。
たしかに窓を開けると自分の顔に風が当たってまあいい気分ではないですけども

誰かあけるだろうと思って待っていたのですがとうとう誰もあけず

東釧路駅で釧網本線に乗り換えます。

しかし何と、先ほどまで根室は快晴だったというのに!
釧網線内(川湯温泉駅から先)が大雨で、対向列車が来ないということで
標茶駅で1時間以上待たされることになりました。

ということで釧網本線標茶駅。
画像

釧網本線の1世紀前のレールが展示されているみたいです。
画像

結局1時間以上待たされましたが、駅前にセブンイレブンがあったのでまだ助かりました。
念のための食べ物やスマホの簡易充電用の電池も買えました。
だけど結局雨は降りださなかったので
足湯がある駅で待てれば一番良かったのになぁとは思いましたがまあこればっかりはタイミングですね。

1両編成の車両には5割ぐらいの人が乗っていたのですが
どうやら地元民の学生が多かったみたいで、親が迎えに来たのか
運行再開すると結構人が減っていました。

そして、五十石駅から減速運転が始まったのですが…
実際たいして雨は降らず。
結果川湯温泉駅を過ぎてからは普通の運転に戻りました。
なんだったんだ…。きっと酷い雨雲がちょうど去ったところだったんでしょうね…?

そして川湯温泉から先がこの旅行で初めて通る区間です


結局2時間弱遅れつつ知床斜里駅へ。
もう真っ暗もまっくら。スマホじゃうまく撮れてませんね。
画像

そして、前日の大雨で予定が入れ替わってなかったら降りていたはずの北浜駅を通過。
ここはオホーツク海に一番近い駅として有名です。
予定が合えば是非行ってみてください…行きたかったなぁ~!

そして北浜駅辺りからは突然の大雨。
さっきはほぼ雨が降っていないのに減速運転だったでしたが
今回はまだ規制雨量に達してないのか全速力で大雨に立ち向かう気動車

…怖い!
ぶっちゃけこれ今減速運転しろよ!って思いつつ乗ってました。

結局大雨の網走に到着。

本日のお宿はホテル 美園さん。列車が遅れたので到着も遅れましたが
電話でも対応をきっちりしていただけました。
また、次の日の網走観光の時も観光中にいらない荷物を預かってもらったりと
とても親切なおかみさんがきりもりしてます。
しかも駅前すぐという立地!

しかしそんな駅前のホテルに行くのに傘があっても濡れるような状態だったので
晩御飯を食べに出るのはあきらめ…

自分用のお土産のつもりでえりも岬で買った
こつぶちゃん(ツブ貝) で晩酌です(笑)
ちなみに北海道限定のサッポロビールのサッポロクラシックがあったので買いました

これもなかなかにおいしかったです。
画像

もぐもぐゴクゴク
画像

こつぶちゃんはちょっと酸味があって、貝のうまみと歯ごたえがすごくいいです!!
サッポロクラシックもこれに合います!

ちなみにホテルにはサウナ付の大浴場もありましたが
なかなかに年季を感じる設備でした。
すぐ隣にチェーンのホテルができていてなかなか生き残りは簡単にはいかないかもしれませんが
決して見た目がいいとは言えませんが、画一化されたチェーンと比べて
ビジネスホテルなのに旅の雰囲気は出ますし、僕はこのホテルの雰囲気が好きなので生き残ってほしいです!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック