北海道旅行【その31】(釧網本線・釧路湿原ノロッコ号車窓その1)





さて、前回(北海道旅行【その30】(釧路駅:勝手丼))は釧網本線の列車が出る5分前に
区間運休の根室本線を諦め
釧網本線に計画をスイッチしました
ということで、釧路駅で待たされてるうちに隣の列車は写真を撮っていました
こちらです!
画像

釧路湿原ノロッコ号です!

こちらは夏は釧網本線の釧路側を走り釧路湿原を、冬は網走側で流氷ノロッコ号としてはしります
走っている区間はこちらのマップに表示しておきます。


こちらは釧路駅湿原の鐘。
画像

せっかくだからと思って鳴らしたら想像したより大きい音が鳴って
同じホームにいる人がこっちを振り向いたのでちょっと恥ずかしかったです

まぁでも旅の恥は掻き捨てですからね。
珍しいものがあったら試してみたくなるものです。

湿原の鐘とノロッコ号
画像


太平洋炭鉱という炭鉱があるようです。
画像

これだけ大きな石炭…でいいのかなこれ。初めて見ました。

さて、計画をスイッチした所に話は戻ります。
発車3分前に車掌さんから指定券を買いました。

車掌さんからは自由席は混んでいてもう座れない
指定席は自分はあまりいい席を持っていない

と言われて心配していましたが

相席だっただけで、むしろ川の方向が見えるいい席でした。

ご高齢の親と親子で来られていたようでしたので、急に入ってきてすみませんと言いましたが
いいよいいよと言ってもらって特に居心地も悪くありませんでした。

さてノロッコ号発車!
序盤は意外と飛ばすのですね。ノロッコなのでのんびり行くのだと思っていたのでびっくりです。
湿原が見える区間で減速する分序盤は飛ばすのかな?

こちらは釧路川の水門
釧路川は氾濫が多かったので水門が作られたそうです。
画像


もう昼も近いのですが天気が悪くもやっています

車内はこんな感じ
画像

人が多いです!

こちらはノロッコ号乗車記念の枠
画像

運行開始25周年だそうです!

意外と長い期間やってるのですね~

釧路湿原駅に到着。
画像

ログハウス風の駅舎です…があんまり見えない。
降りる人も多少はいましたが駅に居るだけで乗るわけでもない人も何人かいました

そろそろ湿原かな?
画像


細岡駅到着
画像

こちらもログハウス風のかわいい駅舎です。

さて、ここからが湿原本番です。がまた次回。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック