山口県内プチ旅行(長州屋台村・大河内温泉)




今回は正直ほぼ全く鉄道が関係ないですが
友人が僕の地元に遊びに来てくれたので
せっかくなのでまとめようと思います。
北海道旅行はこれを2回はさんでまた続きを書きますのでそちらもよろしく。
ということでまずは友人を迎えに行くところで通った展望台からの眺め
画像

ここは下関市の旧豊浦町と旧下関市の境です。
ちょっと拡大
画像


そしてこの峠にはなぜかポニーがいます
画像

ポニー君こっちに突っ込んでくるから近すぎ…

失敗すること4枚、ようやく2頭揃ってくれました
画像


次に友達を拾ってから、地元のパワースポット(?)らしいクスの森に行ってきました。
画像

このクスの森、森とは言っていますが
この写真に写ってるの全体で1本の木です。

関西の方なら分かると思いますが、ロケみつのブログ旅で桜の稲垣早希ちゃんが寄り道したこともあります。

続いて大河内温泉のいのゆへ行きました
画像

男3人で美肌の湯に行くという…まぁうちの地元はそういうのばっかりだから仕方ない。

こちらは山陰本線梅ヶ峠駅でもう咲いていた梅
画像

下関駅についたら、今度はバスで唐戸へ向かいます。
下関の観光の拠点唐戸市場と海響館(水族館)がある近辺です。

こちらの商店街の一角に長州屋台村はあります。
今回はそこの居酒屋の「八ちゃん」さんで飲むことにしてあって予約をしていきました。
予約したとき、土曜なので注文が混むから先に注文するよう言われ
さしみを2000円分を予約の時に頼んでおいたのですが

写真を撮り忘れたけどすごく新鮮な魚だらけでおいしかったですよ!
特にハマチが、僕は瀬戸内海の釣りたてを食べたことがあるのですがそれにかなり近い歯ごたえ、そして脂はそれ以上に乗ってました。

甲イカのバター焼き
画像

新わかめの素の物
画像

こちらはふぐのフライ
画像

ちなみに山口県民だけどネタ的な感じで以外「ふく」って言わないですね。
漁業関係者なら言うのかな?

こちらは長州屋台村の屋台ゾーン
画像

これ以外にも店舗型の店もあります。

長州屋台村は、結構変わっていて
この屋台のなかのどこの料理も注文できます。
ただし、注文はそれぞれの店に自分でしに行かないといけません。

でもそれぞれの店から食べたいものを頼めるシステムはなかなか便利です。
洋食・和食・おつまみ・揚げ物といったそれぞれの店の特色あるものが食べれますので
こういう形式はもっと人気が出てもおかしくないと思います。

久々に友人と会っていろいろと話すことができました。
ちなみにカウンター席がまるでテーブルを囲むようにあるので、隣が近いからか
僕がトイレに行ってるうちにいつの間にかうちの友人は見知らぬ人と話を始めていました

僕もいろいろ話をしましたが、その人は大分県民で転勤で山口県に来たそうで
大分トリニータサポーターだそうです。
で、山口県もサッカーが今年レノファ山口がJ3に上がったのですが

山口県民が全然興味がない!と嘆いていました。
下関市民から言わせると山口市が本拠地だと遠いんですよね。
そして正直サッカーに興味がない。山口県は野球派のほうが多いと思います。

どうにか山口のサッカー好きを巻き込んで盛り上げてほしいとは思っていますが
僕自身は見に行きそうにはないかな。そもそも引っ越しも迫ってますので。

4月からは福岡県民になるので、すでに今からいろいろ準備があってこちらの更新も停滞中…。
3月中旬からは更新も相当減ると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック