北海道旅行【その12】(石勝線夕張駅-夕張市街地)

さて、のんびりと過ごした新夕張駅を出て夕張駅へ向かっていきます。
この夕張支線も普通列車しかありません。
夕張はネームバリューもあるので観光地なイメージがありましたが
意外とそうでもないということなのでしょうか?
乗ってる人も話を聞く限り地元の人ばかりでした。
みなさん結構買い物の話とかで盛り上がっていました。

しかし案外一駅目の沼ノ沢駅で降りる方が多かったです。

こちらは清水沢駅
画像


駅構内がだだっ広いです。
石炭を貨物で運び出していたころにはにぎわっていたのかもしれません。
大夕張鉄道線との接続駅だったみたいです。

大夕張鉄道線も旧南大夕張駅付近に車両展示があったりして行ってみたかったのですが
バスで行くと本数少なすぎて帰れなくなるんですよね…
タクシーはさすがにちょっと料金が怖いので…

とはいえ清水沢駅からグーグルマップで調べると8キロ程度ですし
新夕張が道の駅以外見るものがないのはある程度想像ついてたので行っても良かったかな…

さて、乗客も減って寂しくなってきたところで終点夕張駅に到着
現在駅は観光案内センターに併設されています
画像


駅はかなり小さいです。
実際、市役所などがある中心から実は結構離れていて
どうしてここ止まりなのかが疑問です。

wikiをみると、ここがもともとは新駅の予定地だったのものの
勾配と駅間距離の問題があってここを終点とし短縮したため、昔は市役所裏に駅があったらしいですが
市役所前にあった駅を短縮してここ止まりにしたのはなんか腑に落ちません。

こちらはそのリゾートホテルのマウントレースイです。
駅の何百倍もありそうな大きさです!
冬の時期にはスキー場が目の前にあるので実は結構利便性もいいです。
まぁ夏に行ったのでただの草原ですが。
画像

しかも温泉もあるので冷えた体を温められますね!

さて、マウントレースイのでかさに驚いて堪能して振り返ると
画像


落差が激しすぎる…
数十歩歩いたところで撮った写真ですからね!

さて夕張の商店街が雰囲気が良いと聞いていたので市街地を通る道を市役所方面へテキトーに歩いてみます

画像


おお!?なかなかに立派な建物
画像


というふうにちょいちょい過去の遺産みたいな建物はありましたが
実は帰ってから調べたところ一番雰囲気の良かった本町商店街はすでに整備されて新しい商店街になっていたそうです。

どおりでイマイチどこを写真撮ればいいのかわからなかったわけだ。

あとはすごい急こう配で行かなかったところが梅ヶ枝通りと言って、そちらならまだ古いところが残っていたかもしれないようです。
実際下から見上げても古い建物が少し見えてはいたのですが…
画像

複数の荷物を背負って1キロ以上歩いてきたので想像以上にきつくて諦めました。

次回も引き続き夕張本町~再度夕張駅へ戻ります


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2014年12月23日 13:55
夕張駅前にあるマウントレースイスキー場ニセコやルスツなどと比べると規模は小さいですが、新千歳空港からのアクセス、悪天候率の低さ、雪質の良さ、ゲレンデのバリエーション、温泉などを総合的に判断すると、上質なスキー場です。私にとってはお気に入りのスキー場の一つで、最も訪れた回数の多いスキー場の一つです。冬しか訪れたことがないので、雪のない夕張市内やスキー場は新鮮に見えます。
今シーズン、3シーズンぶりに夕張で滑ります。
村人
2015年01月27日 22:00
カツマティさんコメントありがとうございます。
返事遅くなりましてすみません…。
あれでも規模は小さいんですね~雪が降らないところに住んでいるもんでイマイチウィンタースポーツに疎いのですごく大きいかと思っていました。
なるほど、ウィンタースポーツされる方はむしろ夏場に行かないから新鮮なのかぁ。
北海道に、ホントは雪の時期に行ってみたいのですが体があまりよくないのでこけたりしたら危ないもので行けません…。
スキー楽しんできてください!

この記事へのトラックバック